忍者ブログ
  • 2017.08
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 2017.10
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/09/25 20:18 】 |
両平均線ともに激しい下降トレンドです。

一昨日のオープンのユーロ/円相場は114.866円の売り価格で、黒三兵を示して判断しづらいローソク足を形成しました。



あいかわらず、一目均衡表のクモをサポートに安値圏でもみ合いしていますが、新値足がデッドクロスしたことで、長中期レンジ相場の天井が見えてきます。



1時間足のローソク足だと、激しい下降基調がしばらく続いてから、高値が揃った毛抜き天井で、過去2時間の中に酒田五法で言うところの下げ三法らしき傾向が見えます。



単移動平均で傾向を確認してみるとはっきりと上昇相場といえます。



30日平均線より短期移動平均線が下で維持しており、両平均線ともに激しい下降トレンドです。



再び値足が陰転したことで、長いレンジ相場の高値が見えてきます。



証拠金の管理だけはしっかりとやって、自動決済を食らわないように持ち玉を保っていきます。



PR
【2011/06/25 19:13 】 | FX
取引すべきかどうか迷ってしまいます。

一昨日のマーケットインはEUR/JPYが115.203円まで上昇し、赤三兵を示して解りやすいローソク足を形成しました。



日足のローソク足から予想してみると、はっきりとした下げが長く続いてから、前の陽線を陰線が覆う陰線つつみ足で、過去1時間中にに赤三兵のチャートがあります。



20SMAを底に低い価格帯で推移していますが、再びローソク足がデッドクロスしたことで、短いボックス相場の天井が見えてきます。



一目均衡表のクモをサポートラインに低い価格帯でもみ合いしていましたが、再び終値が陰転したことで、短期BOX相場の天井が視野に入ってきます。



先週の経緯を考慮すると、取引すべきかどうか迷ってしまいます。



スローストキャスティクスで判断すると、売られ過ぎ圏で下落していて、さらに底値を試す機会が高まってきました。



このチャートは強気で取引をしていってみようと思いました。



一昨日のEUR/JPY相場はかなり方向性が乏しいのでしばらくはゆるい展開になりそうです。



【2011/06/21 23:13 】 | FX
短期ボックス相場の上値が視野に入ってきます。

昨日の取引のマーケットインのユーロ/円は114.866円で、若干ショート有利の相場となりました。



ひきつづき、一目均衡表の遅行線をサポートラインに低い価格帯で移動していますが、ローソク足がデッドクロスしたことでサポートラインを上回るかどうか注意しています。



日足のローソク足から予測すると、下降基調が少し続いてから、大陽線と小陰線が交互に並ぶ毛抜きで、過去4時間以内に酒田五法で言うところの黒三兵のような傾向があります。



移動平均線で傾向を見てみると明らかな下降と読めます。



10日平均が長期平均より下部で維持しており、10日平均は明らかな下落傾向で、長期平均は明らかな上昇トレンドです。



過去の成績から思うと、このチャートは反射的にエントリーでいこうと。



ボリンジャーバンドは2σ圏辺りに突破したが、一目均衡表の薄いクモの底のために方向性が強まった様子です。



このチャートは反射的にエントリーでいこうと。



あいかわらず、短期移動平均をサポートに底値圏で推移していましたが、値足がデッドクロスしたことで、短期ボックス相場の上値が視野に入ってきます。



無理して安値を意識して、損失になるような持ち玉にだけはならないように注意します。



【2011/06/17 19:13 】 | FX
長いボックス相場の上限が見えてきます。

朝のマーケットインは米ドル円が一時82.211円まで下落し、少し買い時の感がありました。



ひきつづき、一目均衡表の分厚いクモを支持線に低い水準で移動していますが、再び値足が陰転したことで、長いボックス相場の高値が見えてきます。



少し前に値足がデッドクロスしたことで、長いボックス相場の上限が見えてきます。



移動平均線から予測してみると激しい下落状況です。



短期平均が50日平均より上で推移しており、どちらの移動平均線とも激しい上昇傾向です。



取引の結果を判断すると、こういうチャートは考えずエントリーでOKだと。



ボリンジャーバンドは-1σ圏近辺で移動して、一目均衡表の遅行線がレジスタンスとして機能したことで、一時的に底堅さを認識しました。



こういうチャートは考えずエントリーでOKだと。



FX会社に自動決済を受けないようにレートの管理だけは堅実にやって、建て玉を持ち続けていきます。



【2011/06/13 19:13 】 | FX
50日平均は激しい下落気味です。

一昨日のマーケットインはユーロ円が一時安値114.564円まで下落し、多少売られ過ぎだったのではないかと思いました。



再び終値がゴールデンクロスしたことで天井を割り込むかどうか慎重になっています。



下限は一目均衡表の遅行線や短期移動平均が抵抗線として働いています。



単移動平均で傾向を見てみると緩やかな下げと読めます。



50日平均より短期移動平均線が上で移動しており、短期移動平均線は緩やかな上げ基調で、50日平均は激しい下落気味です。



先週の経験を判断すると、売買すべきか悩みどころです。



ストキャスティクスから判断すると、売られ過ぎ圏は上昇したことで、再び高値を挑む機会が高まってきそうです。



今回は心配せずに売買だと思いました。



証券会社に自動決済を受けないように残金管理だけはきちっとやって、建て玉を保持していきます。



【2011/06/09 19:13 】 | FX
| ホーム | 次ページ>>